大学生活

【アルハラ】からうまく逃げる方法6選/これでダメなら飲むしかない

こんにちはマロンです

酒弱です。大学生や社会人になるとお酒の付き合いってあるじゃないですか

酒に強い人は楽しいと思うのですが、弱い身からしたら酒の場は戦場
どうしたらアルハラから逃げられるか、後何時間で終わるのかそんなことしか考えていません

大学生になってから数多くの居酒屋や宴会でのアルハラをくぐり抜けてきた私がうまく逃げる方法を伝授します

私の経験上、一番大事なのは弱いのを全員に認知してもらうことです。人間良心があるので弱い人には飲ませません

ですが、まだ自分が弱いことを知ってもらえない人もいるときは以下の方法で乗り切ってみてください。

酒の場ではこういった人もいますよね笑笑
私からしたら何が楽しいのか.....

自分からお酒を頼まない

これは基本的に居酒屋で使えるテクニックです
一杯目は全員頼むのがその場の流れなので頼むしかないのですが、その後は一杯も頼まないようにしましょう

飲み放題にもなると全員バカみたいに頼んでは飲んでいき、時間が経つにつれて机には回収されない空のグラスが並んでいきます。そうなればこっちのもんです。

他の人も誰がどんだけ飲んだかなど覚えていません。また空のグラスが机にたくさんあることでみんな飲んでるなと錯覚します。

一人だけあんまり飲んでなくても気づかれません

またこの作戦にはもう一個大きなメリットがあります。それはゲームが始まった時に備えて体力を残しておけることです

酒の場ではどうしてもゲームをしたくなるやつが一人はいるもんです。そしてもし自分がゲームに負けた時に絶対に飲まなければいけません。

この時にすでにアルコールが回っているともう大変です。

つまり絶対に飲まなくちゃいけない雰囲気になった時のために備えて飲まなくていいときにはなるべく飲まないようにしておきましょう



ゲームなんてやらずに静かに飲みたいもんですよね

居酒屋では廊下に近い席に座る

これには二つの理由があります

1つめはすぐに廊下に出れてトイレに行きたい時に行けることです
一番奥に座ってしまうとトイレに行く時にみんなの注目を浴びてしまいます。また他の人に迷惑がかかると思いみんながトイレに行くタイミングでしかいけなくなってしまいます。

2つ目の理由は注文時に店員さんとこっそり話すことができる点です。
店員さんに注文する時にこっそりと自分のお酒を薄めでお願いしますと伝えることができます。お酒を薄めで頼むと必ず批判してくる人がいます

そんな人にも気づかれずに頼めるのは廊下側だけなのです。

この際注意しなければいけないことは他の人と同じお酒を頼まないことです。他の人と同じ酒を頼んでしまうとグラスが来た時に『こちらが薄めのウーロンハイです』と言われてせっかくの作戦が台無しです。

ですので他の人が絶対に頼まなさそうなマイナーなやつを頼むようにしてください。

もし薄めでたのめなかったときは注文が終わると同時に席を立ち注文を受けていた店員さんのところに行き薄めでお願いしますといってみてください。

トイレに行きすぎない

トイレにたくさんいけば良いにくいと聞いたことがある人もいると思います
確かにそれは本当です。摂取したアルコールを体外に出さないといつまでも体内に残り続けて酔いを回すのを加速させます。

なので適度にトイレにはいった方がいいですが行きすぎは良くないです

宴会でトイレに行くと人によっては逃げていると思う人もいます。そうなるとトイレから戻ってくるや否やコールをかけられます。コールをかけられたら飲むことから逃げるのは難しくなります。

トイレに行くベストタイミングは多くの人が行っている時です。
さっき行ったからいいやとは思わずその時は積極的に行くようにしてください。

水を飲みまくる

読者の中にはお酒を飲んで気持ちが悪くなったり、意識がなくなりそうになったことがある人もいると思います。

そうなる主な原因としては体内のアルコール濃度が増していることが挙げられます。ニュースなどでよく見る急性アルコール中毒なども急激に体内のアルコール濃度が上がったことも原因になってます

では急激に体内アルコール濃度を上げないためにはどうすればいいでしょうか?

体内のアルコール以外の水分を増やせばいいのです

極端な話、飲んだ分だけ水を飲めばいいのです。なので飲み会の時でも注文と同時にこそっりと水をもらってみてください

そして一口お酒を飲んでは、その分だけお酒を飲むようにしてみてください。

梅酒はお茶に焼酎は水にすり替える

この方法は僕自身も一番救われました

サークルの合宿などの宴会ではプラスチックコップに焼酎や梅酒が注がれてそれを飲んでいくというのが多いと思います

この時にこっそりとコップの中身を変えてみてください。お茶と梅酒の外見はほぼ変わりません。それは焼酎を水も同じです。

そうすることで他の人からみたら焼酎を飲んでるように見えます。あとは飲み終わった後もしっかりリアクションしておけばバレません。飲み終わってしまえばそこには空のコップがあるだっけですから笑笑

コツとしては宴会の最初の方で空のコップをいくつか隠し持っておくことです

逆に注意点としは必ず人にバレないように注ぐことです。バレた時には全員を敵に回してしまいます。万が一注いでいるのをバレた場合は焼酎が入っているコップと同じくらいの量にならないように並々まで水を注ぎ見分けはつくようにしてありますよと示してください。

酔ったふりをして抜け出す

これは定番かもしれません酔ってどっかにいなくなり隠れていれば連れ戻されることはありません。そして機を見計らって自分の部屋に行き寝てしまえば勝手に朝になっています

ベロベロに酔ったふりをして支離滅裂なことを言いながらいなくなれば、他の人も手に負えないと思い放ってくれます。

また周りでは飲み会の早めの段階で酔っといてそこらへんで寝ておいて飲み会がピークから逃げると行った作戦をしている人もいます笑笑

まとめ

私は上の6つの作戦を毎回のように使うようにしてます。その結果めちゃくちゃお酒が弱い僕でもなんとか大学生活生き残れています

ですが一番正しいのは飲めないときは飲めないということだと思います。僕自身も言えるときは言うようにしています。ですがサークルなどの縦社会があるときは無理に近いのでそのときは上の作戦で生き延びてください。

-大学生活

Copyright© マロンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.